札幌の省エネ住宅会社ナビ
CLOSE
札幌の省エネ住宅会社ナビ » おトクでおいしい暮らしを叶える!札幌の「省エネ住宅」レシピ » 太陽光パネルに雪下ろしは必要?雪への対策は?

公開日: |更新日:

太陽光パネルに雪下ろしは必要?雪への対策は?

北海道で太陽光発電設備を設置する上での注意点として、雪への対策があります。雪下ろしは必要なのか、他にどんな対策は必要なのかなど詳しく解説しています。

太陽光パネルへの雪下ろしのリスク

積雪地域で太陽光発電設備を設置するにあたって、最も抱く疑問が「雪下ろしをする必要があるのか」ということです。
しかし、パネルはガラスなので壊れやすい上、事故のリスクも高くなってしまうのでおすすめできません。起こりうる様々な危険性についてまとめました。

作業時に事故が起こりやすい

そもそも雪下ろしの作業自体が事故の起こりやすくリスクの高い作業です。傾斜のある屋根の上は滑りやすくなっている上、誤ってパネルの上に乗り滑ってしまう場合も考えられます。一般的な屋根の雪下ろしを行うよりも落下のリスクが高いのです。

また、太陽光のパネルに雪が被っている部分は、確かに発電しませんが、一部でも太陽が当たれば発電し、その時の熱によって比較的早く落ちてくれます。無理に雪下ろしをして怪我をしないよう、発電設備の性能で自然に落ちるのを待つことをおすすめします。

パネルや設備が破損するリスクがある

雪下ろしを行うときに、パネルの上に乗ったり、雪下ろしの道具が当たることで、パネルのガラス部分が破損してしまうリスクがあります。パネルが破損してしまうと、太陽光が届かなくなり、発電ができなくなるだけでなく、破損した部分からパネル内に水や異物が入り込んでショートや火災を起こしてしまう二次被害の危険性が高まります。

結果、パネルの交換を行うことになり、経済的にも負担を強いられることになってしまいます。交換するものや状況にもよりますが、交換費用はパネル1枚数万円になることもあるため、おすすめできません。

労力が大きい

積雪地域では、天気がよくない日も多く、冬の発電量はあまり多くはならないのが一般的です。重労働である雪下ろしを何度行っても、発電量が労力に見合うことが少なく、怪我や破損のリスクばかりが高くなってしまうので、「時間と労力の無駄」となってしまう場合も。
逆に、めったに雪が積もらない地域での雪下ろしもやめましょう。豪雪地帯でもない限り、発電時の熱で自然に溶けて自重で落ちる場合がほとんどなので、危険な作業をする必要はありません。

太陽光パネル設置時の雪対策について

太陽光パネルの上での雪下ろしは危険、ということですが、他に雪への対策をとることはできるのでしょうか。 積雪地域での設備設置時の工夫について解説します。

設置角度を40度以上にする

日本での太陽光発電設備の設置角度や方角は、南向きで傾斜を30°程度にするのが最適とされていますが、北海道などの豪雪地帯では、冬季の積雪対策として、設置角度を40度以上に設定して傾斜を大きくしパネルに積もった雪を落としやすくすることができます。パネルから落ちた雪が、パネルの下部を隠すことを防ぐために底上げの架台も高めに設置するなど工夫もしています。

北海道は日照量や日照時間も東京と大きな差はないので、年間発電量を落とさずに対策ができます。

設置面との高さ(GL)を高くする

積雪地域での太陽光パネルの設置で効果的なのが、接地面からの高さを十分にとることです。最低でも80㎝以上にすることでメリットが生まれます。
高くする理由としては、パネルや架台が歪んでしまう原因になる、パネル上の雪を少しでも多く落とす構造にするためです。パネルや架台の倒壊のリスクを軽減するためにも高さが必要です。設置の際の部材費用が割り増しになりますが、雑草対策、地熱の照り返し対策にも効果を発揮するのでおすすめです。

架台の強度にもこだわる

積雪地域での太陽光発電設備の設置では、架台の強度を一般的なものよりも強く設定する必要があります。大雪が降った場合にも耐えられるよう、スペックにこだわった架台を設置して備えましょう。大雪が降ってパネルや架台が破損、倒壊した場合、太陽光発電を再稼働させるためには、「除雪」、「撤去」、「発注」、「工事」の工程が必要となり、2カ月程度かかってしまうからです。

パワーコンディショナーの場所に注意する

積雪地域での太陽光発電設備の設置では、住宅用のパワーコンディショナーや集電箱の設置位置も注意すべきポイントになります。
屋外仕様のパワーコンディショナーであっても、直射日光を避ける、雨風が直撃しない、地上から1m以上離すなどの一般的な条件に従って設置します。雪に埋もれてしまう場所や、雪が直接当たってしまう位置に設置することは厳禁です。

パワーコンディショナーは、太陽光発電設備の中でも高価な機械です。交換するとなると数十万円の出費になってしまうこともあります。

パネル同士の間隔を開ける

積雪地域での太陽光パネルはパネル同士の間隔を広く開けることで、さまざまなリスクが軽減されます。地面に設置しているパネルの雪下ろしを行う際に、下ろした雪の仮置き場としてスペースを確保する必要があることや、万が一、転倒してしまった時の怪我のリスクを軽減するためにも、1.5m以上の間隔を開けるのが望ましいです。

太陽光パネル設置時には雪止めは必須

積雪地域に設置された太陽光パネルは、他の地域よりも傾斜を大きくしていることがあります。パネルに積もった雪を落としやすくするための対策ですが、その際の落雪被害も高まっています。パネルの上からの落雪は、屋根からの落雪よりも滑りやすく、遠くまで飛んでしまうため、被害の範囲が広くなります。また、落雪の危険性に関する説明がパンフレットに記載されていないことも多く、注意不足による被害も多発しています。

これらの被害を最小限に抑えるためにも、太陽光パネルには雪止めを追加で設置することが必要です。太陽光パネルを設置している屋根の形状や、積雪量に合わせたタイプのものなど種類も揃っているので、積雪地域はもちろん、めったに雪が降らない地域でも処置しておきましょう。

極上の省エネ性能を味わえるのはどこ?
札幌で厳選した省エネ住宅メーカーTOP4Company

※坪単価は公式サイト・SUUMOなどで、2019年12月時点、最も安価な省エネ住宅を調査

イゼッチハウス北海道
最低坪単価:52万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
一条工務店
最低坪単価:62万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
セキスイハイム
最低坪単価:60万円台~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
土屋ホーム
最低坪単価:86.3万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
札幌の省エネ住宅TOP4はこちら