札幌の省エネ住宅会社ナビ
CLOSE
札幌の省エネ住宅会社ナビ » 隠し味で差をつける!札幌市の住宅補助金制度 » 札幌・エネルギーecoプロジェクト
  

札幌・エネルギーecoプロジェクト

札幌・エネルギーecoプロジェクトとは?

地球温暖化対策の促進を目指し、札幌市がエネルギー事業者と連携して新エネルギー機器や省エネルギー機器の導入費用の一部を補助する制度です。プロジェクトは市民を対象にした補助をはじめ、中小企業者向け、マンション管理組合向けなどがあり。さらに、2019年度から電気自動車などの充電設備と太陽光発電設備を同時購入する方を対象にした補助制度も実施しています。

札幌・エネルギーecoプロジェクトで受けられる補助金額と条件

ここでは市民向けの札幌・エネルギーecoプロジェクト制度をご紹介します。補助金を受けられるのは同一年度1世帯につき1回限りとなっており、補助対象となる台数については各機器とも1台限りです。

補助制度の対象機器・補助金額

機器名 補助金額 機器要件
太陽光発電 3万5,000円/kW
(上限34万9,000円)
  • 太陽電池の合計出力が1.5kW以上
  • 発電した電力の一部またはすべてを住宅で消費するもの(余剰型配線であること)
  • JET(一般財団法人電気安全環境研究所)の認証品であり、電力系統に連携できる
定置用蓄電池 3万円/kW
(上限12万円)
  • 太陽光発電と常時接続するリチウムイオン電池・バインド電池である
    (接続する太陽光発電の新設・既設は問わない)
  • 蓄電容量が1kWh以上
  • メーカー指定の環境条件に設置
  • JET(一般財団法人電気安全環境研究所)の認証品であり、電力系統に連携できる
  • ※鉛蓄電池のみは対象外
エネファーム(家庭用燃料電池) 8万円
  • マイナス20度の環境下でも安定した動作をする耐寒性能を備えている
  • 燃料電池ユニットと貯蓄ユニットで構成された燃料電池システムである
  • メーカー指定の環境条件に設置すること
  • 一般財団法人日本ガス機器検査協会が行なうJIA製品認証によって形式認証されている
コレモ(ガスエンジンコジェネレーションシステム) 6万円
  • マイナス20度の環境下でも安定した動作をする耐寒性能を備えている
  • メーカー指定の環境条件に設置すること
  • 一般財団法人日本ガス機器検査協会が行なうJIA製品認証によって形式認証されている
  • 天然ガスまたはLPガスを燃料とする熱の供給を目的としたシステムである
  • 小出力発電設備である
地中熱ヒートポンプ 20万円
  • 地中の熱(冷熱を含む)をヒートポンプでくみあげて暖冷房・給湯のエネルギーとして利用するもの
  • メーカー指定の環境条件に設置すること
太陽熱利用システム 設置費用の3/10
(上限10万円)
  • 太陽熱を利用した太陽熱温水器または太陽熱集熱器と蓄熱層によるソーラーシステム、これに類するシステム
  • JIS規格等に準拠している
  • メーカー指定の環境条件に設置すること
木質バイオマスストーブ 1台あたり5万円
  • 本体価格が11万円以上
  • 木質ペレットや薪などの木質バイオマスを燃料として使用する暖房機である
  • 不燃材で形成された独立した暖房機であり、燃焼部を密閉できる
  • 煙を屋外へ排気できる、または煙突へ接続できる
  • 木質バイオマス以外の燃料は使用しない

参照:「札幌・エネルギーecoプロジェクト補助金制度のご案内[pdf]」

札幌・エネルギーecoプロジェクトの申請方法

年6回の募集期間が設けられており、各募集期間内に申込書を提出します。応募が多数あり各回の予算額を超えた場合は、抽選で補助金交付予定者を決定。第6回募集は、第5回以前の募集でキャンセル発生などにより予算額に余剰が生じた場合にのみ実施されます。抽選実施の有無については募集期間終了後に札幌市の公式HP上で案内があるため、確認しておきましょう。工事完了後は補助金交付申請兼完了届を必要書類と一緒に提出します。工事業者による手続きの代行も可能です。

札幌・エネルギーecoプロジェクト利用時の注意点

札幌・エネルギーecoプロジェクトの申し込みには工事業者からの機器の引き渡し日(対応機器等取得日)が設定されており、設定された日以降の引き渡しでなければ補助金を受け取れません。補助金を受けた対象機器を法定耐用年数期間内に処分する場合は、事前に札幌市の承認を得る必要があります。また、使用しない期間に応じて補助金の返還が必要です。太陽光発電、エネファームおよびコレモの補助金を申し込む場合は「札幌市エコエネクラブ」へ入会、もしくはエコエネクラブの事業協力に同意することが補助を受ける条件になります。

札幌・エネルギーecoプロジェクトに関する用語の解説

極上の省エネ性能を味わえるのはどこ?
札幌で厳選した省エネ住宅メーカーTOP4Company

※坪単価は公式サイト・SUUMOなどで、2019年12月時点、最も安価な省エネ住宅を調査

イゼッチハウス北海道
最低坪単価:52万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
一条工務店
最低坪単価:62万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
セキスイハイム
最低坪単価:60万円台~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
土屋ホーム
最低坪単価:86.3万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
札幌の省エネ住宅TOP4はこちら