札幌の省エネ住宅会社ナビ
CLOSE
札幌の省エネ住宅会社ナビ » 隠し味で差をつける!札幌市の住宅補助金制度
  

隠し味で差をつける!札幌市の住宅補助金制度

省エネ住宅をさらにおトクでおいしい住まいにするための隠し味となるのが、札幌市が設けている住宅補助金制度です。念願のマイホームだからこそ、ほかの省エネ住宅と差をつけたい方に知って欲しい情報をまとめてみました。

次世代住宅ポイント

一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能などを満たす住宅や家事負担の軽減の助けとなる住宅の新築やリフォームに対して、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度です。貸家を除く新築に対するポイント数は1戸あたりにつき上限35万ポイント、貸家を含む住宅のリフォームは1戸あたり上限30万ポイントを発行。交換できる商品は家電やインテリアをはじめ、食料品・飲料、福祉・介護用品など幅広い商品が揃っています。

ZEH補助金

優れた省エネ性能を持つZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及を目指して、補助金を交付している制度です。補助金の額は各事業によって異なりますが、70万円から受け取ることが可能。申請手順や条件によっては制度を利用できない可能性もあるため、知っておきたい注意点をまとめています。

ZEH補助金について詳しく見る

札幌版次世代住宅補助制度

札幌市がCO2の大幅削減を目指して、省エネ性能の高さが認められた札幌次世代住宅を対象に建設費の一部を補助している制度です。市では独自の札幌版次世代住宅基準を設け、新築住宅の等級を5段階に分類。等級に応じて、補助金を交付しています。

札幌版次世代住宅補助制度について詳しく見る

札幌・エネルギーecoプロジェクト

住まいをよりおトクで快適なものにする新エネルギー機器や省エネ機器の導入に対して、市が費用を一部補助する制度です。補助を受けるためには、各対象機器に設けられた要件を満たしていなければいけません。補助制度の対象となる機器や補助金額、必要な要件について解説します。

札幌・エネルギーecoプロジェクト
について詳しく見る

地域型住宅グリーン化事業(高度省エネ型)

省エネ住宅の増加を目指している事業です。地域の工務店などが建てた住宅が、補助のおもな対象となっています。補助対象工事は4タイプに分かれていて、1タイプごとに補助金の上限が決められています。中小規模の工務店でエコ住宅を建てる予定の方は、地域型住宅グリーン化事業をチェックしておきましょう。

地域型住宅グリーン化事業(高度省エネ型)
について詳しく見る

断熱リノベ

住宅の断熱性能を上げるために行う工事・断熱リノベ。定められている条件を満たすことで、国が用意している補助金の申請を行うことができます。断熱リノベの補助制度は2種類あり、それぞれで補助金や条件が設けられています。

断熱リノベについて詳しく見る

すまい給付金

住宅購入者が受けられる給付金です。収入額によって給付額が変わる仕組みで、対象範囲が広いので多くの人が給付を受けられる可能性があります。すまい給付金は、住宅ローン減税と併用することができる利用しやすい制度です。

すまい給付金について詳しく見る

極上の省エネ性能を味わえるのはどこ?
札幌で厳選した省エネ住宅メーカーTOP4Company

※坪単価は公式サイト・SUUMOなどで、2019年12月時点、最も安価な省エネ住宅を調査

イゼッチハウス北海道
最低坪単価:52万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
一条工務店
最低坪単価:62万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
セキスイハイム
最低坪単価:60万円台~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
土屋ホーム
最低坪単価:86.3万円~
光熱費カット(2019年ZEHビルダー★5評価)
冬でも暖かい(Ua値0.46以下×宿泊体験可)
空気がキレイ(Ua値0.3以下標準仕様)
停電時も安心(太陽光+蓄電池200万円以下)
札幌の省エネ住宅TOP4はこちら